素敵なツールになるかも?ペットボトルのオリジナルラベルの関連情報について紹介します

ペットボトルに貼り付ける、オリジナルラベルを作りたいと思っている人もいるのではないでしょうか。贈り物や販促品にも最適なツールになるペットボトルのラベルを作るなら、まず情報収集をしておくと良いかもしれません。選べるペットボトルやラベルのサイズ、それに効果的なデザインなどは押さえておきたいポイントです。また店によって取り扱いのある中身のドリンクには違いがあることも多いです。水やお茶など、作りたいものを選ぶ必要があります。

目次
  1. 素敵なツールになるかも?ペットボトルのオリジナルラベルの関連情報について紹介します
    1. ペットボトルに貼るラベルのオリジナルデザインの無料プランを提供する企業がある
    2. ペットボトルの中身が水であってもオリジナルラベルを貼ることで素敵なノベルティになる
    3. ペットボトルと同じオリジナルラベルを貼ったお菓子を渡すとより深い印象を相手に与える
    4. ペットボトルに貼るオリジナルラベルの表面積は意外に広い?
    5. ペットボトルに貼るオリジナルラベルにQRコードを印刷して宣伝することもできる(2023/9/21)
    6. 時期が変わるごとにペットボトルのオリジナルラベルを貼り変えることで印象度を上げる(2023/9/21)
    7. ペットボトルのオリジナルラベルのデザインを変えて目的ごとに使い分ける(2023/9/21)
    8. ペットボトルに貼るオリジナルラベルは用途によって材質が選べる企業がある(2023/9/21)
    9. 小ロットでオリジナルラベルを貼ったペットボトルを作って分納対策をすることも可能(2023/9/21)
    10. オリジナルラベルを貼った飲料水入りのペットボトル を準備すると労働時間を効率化できる? (2024/02/09)
    11. オリジナルラベル付きのペットボトルは集客ツールとして大変便利 (2024/02/09)
    12. ペットボトルに貼ってあるオリジナルラベルを見ることで宣伝内容を理解してもらえる (2024/02/09)
    13. オリジナルラベルのペットボトルは単価が安く大量注文しやすい (2024/02/09)
    14. オリジナルラベル付きのペットボトルはコミュニケーションツールにもなっている (2024/02/09)

ペットボトルに貼るラベルのオリジナルデザインの無料プランを提供する企業がある

自社のオリジナルアイテムを作って、集客アイテムにしたいと思われる方が多くなりました。昔は文具やキーホルダーなどが主流でしたが、この場合はターゲットがお子さんになるケースが避けられません。もっと幅広い世代に訴えかけるには、誰もが欲しいと思える品が打ってつけです。そのなかで今、高い注目をされるようになったのがペットボトルといえます。夏だと水分補給に努める人も多く、水やお茶だと消費者自らが欲しいと言われるほどです。ペットボトルでオリジナル製品を作るには、どうしたらいいのでしょうか。ここで対応する企業をご紹介すると、依頼者の希望に応じたラベル製作プランを用意されている会社です。OBPというサービスがそれを指して折り、数多くの会社から委託を受けて、個性的なラベルを生みつつ、ペットボトル入り飲料水も提供をされているところになります。ペットボトルの色から形状まで変化を生み出すこともでき、いいノベルティになります。

ペットボトルの中身が水であってもオリジナルラベルを貼ることで素敵なノベルティになる

ペットボトルの中身が水では受け取る人にあまり強いインパクトを与えることができないと思われるかもしれませんが、意外とそうでもありません。そもそも市販品のペットボトルにも、様々なドリンクの他、ミネラルウォーターもごく一般的であり、広く一般的に受け入れられています。甘い飲み物とか炭酸飲料などよりも水が一番体に良く、安心して飲めて健康にも良いと考えている人は多くいるからです。ただ、ノベルティ目的とする場合であっても、中身は基本的には大手メーカーが製造しているものと同じですし、そもそも見た目ではただの水に過ぎないのですからインパクトはありません。オリジナルのラベルを貼ることで目的を果たすことができると考えて下さい。ラベルへの印刷内容とかデザインは基本的には自分が一から全てを自由にデザインすることができます。他にはない自分だけのノベルティとすることができるわけですが、デザインなどに自信がない人はサポートもしてくれます。

ペットボトルと同じオリジナルラベルを貼ったお菓子を渡すとより深い印象を相手に与える

宣伝という行動は、単に言葉や映像などを上演するだけでは効果を発揮しません。いまでは飲食店から美容サロンでも顧客に対して個人で宣伝をするケースが主流で、なにかしらのアイテムを手渡すことで好感度をアップさせることが可能です。昨今注目を集めているものがペットボトルであり、菓子と一緒に渡せば高い好感度と、深い印象を相手に与えることが可能です。オリジナルペットボトルという名称で呼ばれており、ラベルがカギを握っている品です。OEM生産という手法を生かしていて、最小ロットから自分だけのオリジナル製品を生み出すことが可能になっています。なぜこの世で二つとない品で作るのか、前にも述べたようにノベルティだからといえるわけです。既製品で渡しただけでは宣伝になるとは言い難く、まったく相手に印象づけることもできません。もしペットボトルに会社名が入っていたら、きっと希少価値を受けとった方が見いだして、大切にされます。

ペットボトルに貼るオリジナルラベルの表面積は意外に広い?

オリジナルラベルはシンプルに商品の魅力を伝えることが重要であることから、そのスペースを狭いと感じることが少なくありません。多くの場合には商品の印象を際立たせる簡単なイメージ等を表示することが多いため、情報量も非常に少ないと感じてしまうことが多いものです。しかし実際にはその面積は比較的広いため、様々な情報を記入することができるのがポイントとなっています。 ペットボトルのラベルには効果的に購買意欲をかきたてる情報を表示することが重要ですが、必要以上にその面積を狭いものと思い込んでしまい、重要な情報を記載しないと言うケースも少なくありません。その内容によっては手に取った消費者が購入を諦めてしまうと言うケースもあるため、十分に注意が必要です。様々な表示すべき情報を十分に吟味した後で、実際にペットボトルに必要な情報から優先順位をつけて記載することが良い方法となります。また必要に応じてこれを変えることも可能であり、その印象が購入者の興味を惹きつけるものとなることもあるため、この点に注意が必要です。

ペットボトルに貼るオリジナルラベルにQRコードを印刷して宣伝することもできる

ペットボトルに貼るオリジナルラベルですが、種々のデザインが可能であるのはもちろんのこと、実はQRコードを印刷して宣伝することもできます。このようなコードをペットボトルに貼れば、そのスペースだけでは訴求しきれない部分について、指定のサイトに誘導したうえでアピールすることが可能になるわけです。このようなコードは既に見たことのある人や使ったことがある人も多いでしょうから説明は不要かもしれませんが、手持ちのスマートホンのカメラ機能を利用して撮影することにより、自動的に目的のサイトに遷移させることができ、キーボードでの文字入力などは一切必要ありません。非常に手軽に誘導できることが大きな魅力です。もちろん、ラベルのデザインは、少なくとも詳細を知りたいと思わせる程度には魅力的なものでなければなりません。また、印刷技術が高くないと潰れてしまったりして読み取れないこともあったりしますので要注意です。

時期が変わるごとにペットボトルのオリジナルラベルを貼り変えることで印象度を上げる

日本には四季があるので、商品やサービスにも季節感を求めるユーザーは多いです。時期が変わるごとにペットボトルのオリジナルラベルを貼り変えることで印象度を上げることができるので、常に新鮮な気持ちで商品やサービスを利用してもらいたい場合はこのようなちょっとした工夫が必要です。時期が変わるごとにペットボトルのオリジナルのものを考えるのは大変ですが、その分ユーザーに良い影響を与えることが可能になります。商品やサービスを繰り返し使う人をリピーターと呼びますが、企業にとってこのリピーターの存在は非常に重要な存在と言えます。何度も商品やサービスを購入してくれる人はコアなファンになり、新規顧客を連れてきてくれる可能性があります。リピーターを多く抱えている企業は強気な姿勢で商品やサービスを展開することができますし、情報収集も効果的に行えるので常にニーズにマッチする戦略を展開することが可能です。ラベルから印象を操作するのは意外と使えるテクニックであり、売り上げにも良い影響をもたらします。

ペットボトルのオリジナルラベルのデザインを変えて目的ごとに使い分ける

世界中で手に入るようになったペットボトルは、いまでは色んな場面でも活躍をするアイテムとなりました。通常はスーパーやコンビニで飲料水を買うためのボトルですが、最近はノベルティという使い方をする企業もあるわけです。ペットボトルは形状やカラーはほぼ統一されており、違うのは中身とラベルのみです。規格化をされている製品であるため、あまりメーカーが違っても変化のある品ではないといえます。しかしラベルに工夫を持たせることで、限りなくオリジナルの製品に仕上げることが可能です。たとえばコーラであれば中身は黒い色なのはメーカーで共通していて、それだけだと違いが判りません。デザインを変えれば一目でどこの会社の商品かわかり、消費者は目的の品を手に入れることが可能です。ノベルティで用いたい場合は、デザインに企業名を入れることでほかにはないオリジナル商品となって、消費者に配ることができます。ペットボトルは年齢層に関係のない人気アイテムです。

ペットボトルに貼るオリジナルラベルは用途によって材質が選べる企業がある

ノベルティから記念品、さらにはプレゼントアイテムなどで高い人気を誇るようになったのがペットボトルです。自販機やスーパー・コンビニでも買い求められる飲料水の容器であり、何度でも洗ったら繰り返し使用することもできます。一言にペットボトルといっても、いろんな形状やカラーでつくられるのでメーカーではオリジナルを生かしたものを採用されています。これから新製品を生み出そうと思われている会社もあるでしょうが、どんな品を買えるのかしりたくありませんか。まずペットボトルを生産してる企業と協力をすることが必須で、材質からラベルまで自由に組み合わせることが可能です。小ロットだと既製品のみしか選べませんが1万本以上の大ロットで発注をするのであれば、完全なオーダーメイドでペットボトルを一から作ることも可能です。オリジナルの最上級スタイルで、新商品に力を入れたいという方にとっては願ったりな品になることも間違いありません。

小ロットでオリジナルラベルを貼ったペットボトルを作って分納対策をすることも可能

飲料水を入れる容器として多くの需要があるのがペットボトルです。以前はお茶や水にしか使っていなかったので、目立った特徴のある商品はありませんでした。ところが今では炭酸水からコーヒーにまで広がっているので、ラベルなどを考案したオリジナルペットボトルが多くなっています。これから新しい製品を生み出そうと思われている会社もあるでしょうが、オリジナルを作るメリットを簡単にご紹介します。小ロットで生産をする場合、ラベルを貼ったペットボトルを用意すれば分納対策を実施することも可能です。たとえば醤油やソースなどの小さな液体調味料で効果を発揮するのがわかり、購入者にとっても利用しやすい品になります。ペットボトルには専用のノリがあって、簡単にシールを取り付けることが可能です。分納対策を考慮することで、ほかのメーカーと差別化を図ることもできます。いろんなスタイルで生産をして、人気があるものを増量することです。

オリジナルラベルを貼った飲料水入りのペットボトル を準備すると労働時間を効率化できる?

最近は水分補給をしっかりとするようにと、夏になるとメディアでも呼びかけられるようになりました。
夏は気温が40度をオーバーすることも珍しくなく、若くても水などで喉を潤さないと熱中症になる恐れもあります。
屋外で建設作業をしている場合、大半が会社側がペットボトル入りのお茶や水を用意して、自由に飲めるようになっています。
大きな企業だとオリジナルのペットボトルを利用していることもあり、ラベルにスローガンやメッセージを記載していることも珍しくはありません。
どうしてオリジナルペットボトルを利用しているのでしょうか。
その理由をここで解説すると、労働者の効率化を図っているのが理由となっています。
まずペットボトルは全作業員に配布をしており、12時間ほどの勤務時間で何回もラベルを目にすることになるのは必須です。
つまり、自然と飲むときにメッセージをみる事で、スタッフのやる気を高めることができます。
効率化に対応した品です。

オリジナルラベル付きのペットボトルは集客ツールとして大変便利

ペットボトル飲料を販売しているが、なかなか売り上げがアップしなくて困っている企業が多くあると思われます。
競合企業が多くあるため、差別化を図らないと良い結果が得られません。
そこで、ラベルを工夫することをおすすめします。
オリジナルのラベルを付ければ、集客ツールとして高い効果が期待できます。
オリジナル性がなければ手に取ってもらえないため、インパクトのあるデザインにすることが重要です。
アイドルなどの芸能人や人気アニメのキャラクターなどが考えられます。
普通にペットボトルを置いていても、何か印象に残るデザインにしないと購入してもらえないのは当たり前です。
デザインは専門の業者に依頼することになりますが、よく比較してから決めることが求められます。
経験やスキルが豊富な業者が安心です。
料金の安さだけで決めるのではなく、集客を高められるデザインのペットボトルにすることを重視するべきです。
業者選びで結果が変わります。

ペットボトルに貼ってあるオリジナルラベルを見ることで宣伝内容を理解してもらえる

集客から企業広告などは、昔はテレビコマーシャルや新聞広告が主要でした。
メディアを利用することが基本と思われていましたが、現在ではほかにもいろんな宣伝ツールがあります。
そのなかで若い方に大きな影響を与えるのが、ペットボトルです。
誰でも毎日持ち歩いている・買っている品であり、ある箇所を活用すればいいコンシューマーツールになるわけとなります。
それはペットボトルのラベルであり、ここにオリジナルロゴやスローガンを掲載することでアピールができます。
どんな内容だとわかりやすいのか、まずラベルは10センチと20センチという横長の帯状になっており、ボトルに巻き付けた形状です。
つまり、この長さと丸みを帯びたスタイルでわかりやすくすることが必須になります。
オリジナル製品以外でも掲げることができ、内容は40文字程度の短いものが賢明です。
イラストなども効果的で、ペットボトルの中身はお茶か水だとイラストが映えます。

オリジナルラベルのペットボトルは単価が安く大量注文しやすい

オリジナルラベルのペットボトルは、大量注文をする際には単価が安くコストメリットを得やすいのがポイントです。
一般的な様々な印刷を発注するのと同じような仕組みで行うことができるため、大量に注文するほどそのコストを引き下げることが出来るのもメリットとなっています。
オリジナルの容器を作る際にはその形状やイメージ等のすり合わせを行わなければならないことも多く、そのために多額の費用が発生することも少なくありません。
ペットボトルの場合にはその形状がほとんど一緒であり、またラベルを貼り換えるだけで印象を大きく変えることもできるため、自分だけのオリジナリティーを発揮するには非常に良い方法となっています。
展示会等で配布するノベルティーには従来はボールペンなどを利用することも多かったのですが、近年では独自のデザインのペットボトルを配布すると言うことも行われるようになりました。
その費用対効果は非常に大きなものとなっており、強いインパクトを与えるものと注目されています。

オリジナルラベル付きのペットボトルはコミュニケーションツールにもなっている

オリジナルラベル付きのペットボトルには様々なメッセージを記載することができるので、直接伝えることができない言葉やどうしても伝えたい魅力などを発信する時に便利です。
さらにオリジナルラベル付きは会話のきっかけになるツールなので、コミュニケーションを円滑にする効果もあります。
ペットボトルは蓋が付いているので持ち運びしやすいですし、会議やイベントなど様々なシチュエーションで採用されているので多くの人の目に触れる商品でもあります。
多くの人の目に触れるということは宣伝効果が高く、メッセージも拡散しやすくなります。
通常であれば企業と消費者が直接コミュニケーションを図るのは難しいですが、ペットボトルを使えば企業と消費者が簡単につながれます。
企業側は消費者に魅力を伝えることができますし、消費者は企業に対して要望などを伝えやすくなります。
このような関係性はビジネス的に多くのメリットがありますし、成長を促進する流れを生み出します。

著者:中出鉄平

筆者プロフィール

栃木県壬生町生まれ。販促品にうってつけのペットボトルのオリジナルラベルに関する記事を書いています。
ペットボトル ラベル オリジナル